愛知・東京・大阪を中心に「働き方改革」を推進。残業を削減し、社員の雇用問題を解決!

ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランス(WLB)とは?

その発祥は、1980年代のアメリカ・・・女性の活躍する職場が増え、女性の仕事と子育ての両立を確立する為に、企業が打ち出した様々な支援策が今日の「ワーク・ライフ・バランス(以下、WLB)」の始まりと言われています。

日本では内閣府が「仕事と生活の調和」として以下のように定義しています。

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」

WLBを実現するために会社が取る主な施策としては、

・残業時間の削減
・福利厚生の充実
・有給休暇が取得しやすい環境
・フレキシブル・ワーク(時差勤務)の導入
・育児の支援(休暇制度)
・在宅勤務の導入

などがあります。
しかし、いくら会社が様々な施策を打ち出しても従業員の意識が変わり、自分の生活・時間を有意義に使わなければ、WLBは成功しないでしょう。。。
日本ではまだまだ企業の施策が従業員に正しく理解され、浸透しているとは言い難い状況ではないでしょうか?
会社にとって一番の財産は「人」・・・従業員です!<昇進よりも、自分のペースで働きやすい環境を求める世代が社会に出てきています。有給休暇制度があるのは当たり前、いかに有給休暇が取りやすいかが問題です。
また単に残業時間が減少するだけでは真のWLBとは言えません。
辛い労働環境だったとしても、私生活の充実を支援できる職場環境があり、仕事と生活のバランスが取れ、その相乗効果によって人生が楽しく豊かになることで初めてWLBが機能すると言えます。

「従業員満足度(ES)の向上」がWLB実現へのポイントなのです!!

ワーク・ライフ・バランスの誤解

「ワークライフバランス」と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

・残業「0」を目指す
・育児休暇制度を施行する
・福利厚生を充実させる
・有給休暇を取得する

などではないでしょうか?
弊社は多くのお客様と会話をしてきましたが、例えば・・・

「全ての業界、業種で今すぐ残業を「0」にすることができるか!?」

これは「No」です。
メディア業界(放送局、出版社)は、ある一つの会社が取り組めば、恐らくその会社は業界から無くなるでしょう。。。

弊社では会社の数だけ、ワークライフバランスが存在すると考えています。
その会社にあったワークライフバランスに取り組むことが大事です。
必ずしも残業「0」という目標があることがワークライフバランスの前提ではないのです。

また毎日定時に帰宅するというのも無理難題ではないでしょうか?
仕事には「波」があります。
仕事が多い時は定時に帰るのは難しいでしょう。
毎日という単位では無く、1週間、1ヶ月、3ヶ月という単位で帰宅バランスが取るとしたらどうですか?

「ワークライフバランス」と聞いて、「無理!」と即答される方はこのような誤解を招いているからではないでしょうか?

WLBで解決できる企業(経営者)の悩み

企業(経営)の悩みとして取り上げられる多くのものは、

・生産性、業績の向上をなんとかしたい
・経費を見直して削減したい
・運転資金の調達をなんとかしたい
・人材の育成、確保、定着についての対策を講じたい
・後継者の育成はどうしたらいいんだろうか?
・会社の仕組みの見直し、風土(文化)構築したい

といったところではないでしょうか。
これらはWLBを導入することによって解決、もしくはそのきっかけが掴めるでしょう。
たった今から、WLBは会社と従業員の架け橋となる「経営戦力」の一つとしてお考え下さい!

WLBで解決できる従業員(個人)の悩み

従業員はどんな悩みを持っているのでしょうか?
・家族の問題について
・健康について
・育児について
・介護について
・趣味について
・自己啓発について

など様々な悩みがあり、それは個人よって千差万別であり、企業(経営者)が介入して解決すべきものではない悩みも多く、それらは従業員個人が解決していくしかありません。
しかし、WLBを導入することにより企業がその悩みを解決する支援をすることができるようになります。
個人の問題解決に必要なものが「時間」であれば、残業の削減や、フレキシブル・ワークの導入が有効かもしれません。また企業で行う研修などで身につけた「コミュニケーション・スキル」で、家族間における悩みを解決する突破口になるかもしれないのです!
このようにWLBは従業員の私生活においても、その効果を期待することができ、企業、個人の双方にとって有効な「経営戦略」となる可能性を秘めています!!

従来のWLB導入方法

今までのWLBの導入は、コンサルタントによってお客様毎にカスタマイズされた複雑で高価なものでした。
しかも導入までに時間が掛かり、金額的な負担も大きく簡単に導入できるものとは言いがたく、それがWLBの採用に二の足を踏んでしまい、WLBの導入が実現されない一番大きな課題ではないでしょうか?

弊社が提供させていただく「WLBプラン」

弊社ではWLBの導入を個別にカスタマイズするのではなく、本当に必要な部分毎にパッケージ化した商品として開発しました。
お客様の課題状況を確認させていただいた後、「WLBにて何をどのように改善したいのか?」を判断し、適切なパッケージにて、今までより早く安価にWLBを導入できます!
そして、各パッケージにはWLBだけではなく
・IT / ITサポート
・HR(人事)
のコンサルティングも含まれており、WLB導入に必要とされるIT, HRに関する対応をワンストップで対応しますので、別の専門家に依頼する必要はありません。

・お客様の課題状況に応じた各パッケージをご用意しています。
・初めてWLBを導入されるお客様には最適です!
・既にWLBの仕組みはあるが、実践ができていないお客様に!
・どのパッケージをご利用いただいても、最初に「WLB導入セミナー」をご提供!
・5段階のパッケージをご用意しています
・IT, HRのコンサルタントも含まれています!

+WLBパッケージとは?

企業向けには、5段階に分けてパッケージをご用意しております。
各パッケージにてWLBにて実現したい課題が異なります。お客様の状況にあったパッケージを採用いただくことで、時間と費用を抑えることが最大の魅力です!!

+WLB ZERO パック(知識編)

WLBを正確に理解していただくセミナーとWLB診断となります。
セミナーは質疑応答を含め2時間のコースなので、平日の就業後にもご利用いただけます。
WLB診断はどのパッケージをご利用いただくのがよいのかを判断させていただきます。
※ WLB 1st / 2nd / 3rd / コンプリートをご利用のお客様には無料でご提供!

+WLB 1st パック(環境導入編)

WLBの基本となる働き方の多様化に対応できる会社の仕組み作りです。

・有給休暇制度
・育児休暇制度
・福利厚生
・就業規則など

を見直して働き方の多様化を支援できる環境に再構築します。それらを構築するだけではなく、きちんと機能するようにする仕組みを導入します。

+WLB 2nd パック(改善編)

現在の労働環境、方法の改善点を見つけ効率のよい働き方を目指します。

・残業の削減(働き方の見直し)
・組織の再構築(チーム・ビルディング)
・モチベーション(パーソナル・グランディング)

など、セミナーやトレーニングを介して、現在の働き方を改善していきます。

+WLB 3rd パック(社風確立編)

仕組みを導入し、改善まで進んだ後に求められるものは、それに見合った「社風」です。
・家族、友人に自慢できる職場
・人に勧められる職場
・定年まで働きたいと思える会社(離職率の軽減)
ホワイト企業を目指し、新しい社風を確立しませんか!?

+WLB Complete パック

WLB ZERO/1st/2nd/3rdパック、全て取り込んだパッケージです。
またこのパッケージだけは、お客様にあったカスタマイズ(無料)も可能です。
WLBを導入し、その効果を確実に具現化したいお客様にお薦めします。

さらに個人向けWLBパッケージも!

個人向けにもパッケージをご用意させていただきました。
企業としてWLBがまだ導入して実践しているが、生活(LIFE)を充実させる為に個人的にも取り組みたい方、また企業でWLBはまだ導入されていないが、個人的にWLBに取り組んでみたい方に最適です。

+WLB Personal パック

生活での課題を解決する為のノウハウを伝授します!
・仕事と生活の両方に関わる「Core」を発掘します。
・仕事と生活を活力あるものにすべく取り組み方を理解し実践します。
・仕事と生活のバランスを取った生活を維持できるようになります。

 

+WLB 2-2     +WLB 2-2b

お気軽にお問い合わせください! TEL 0572-74-5578 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • facebook

メディア

内閣府「カエル!ジャパン通信」Vol.84のコラムに掲載 近代中小企業

ビジネス雑誌『近代中小企業』に執筆!
近代中小企業

『未来企業』に掲載されました! アイミツで優良業者を一括見積もり・比較

支援サイト

女性の活躍・両立支援
女性の活躍推進企業データベース
女性の活躍 Positive Action
両立支援のひろば
イクメンプロジェクト
カエル!ジャパン
PAGETOP