中小企業経営者および経営幹部を対象読者とした会員制月刊ビジネス誌『近代中小企業』の掲載記事です。

「働き方改革」成功の秘訣!
残業はゼロ時間ではなくコントロール

長時間労働が課題となっている企業で取り組みで「ノー残業デー」「残業ゼロ時間」というタイトルをよく見かけます。
その取り組みを施行してすぐにその目標が達成できた場合、恐らくその企業では今まで必要のない残業をさせていたということになります。
残業がゼロ時間になることはいいことなのですが、今まで残業にて仕事が成り立っているケースにおいて、簡単に残業をゼロ時間にすることは非常に困難です。
いきなりゼロ時間を目指すのではなく、残業をコントロールすることで「どうしても必要な残業」だけを行うように変える事を考えて見てはどうでしょうか?

残業をコントロールする事例を交えながら御社に必要な方法を考えて見ることで、残業に対する考え方も変わるのではないでしょうか?

掲載記事は、下記近代中小企業(雑誌の表紙)か、HP 右側のバナー「メディア」にある近代中小企業(雑誌の表紙)からリンクされています!

是非ご覧ください!