愛知・東京・大阪を中心に「働き方改革」を推進。残業を削減し、社員の雇用問題を解決!

「働き方改革」を推進する3つのキーワード

  • HOME »
  • 「働き方改革」を推進する3つのキーワード

ダイバーシティ

高度経済成長期から続いてきた「年功序列」「終身雇用」「残業ありき」の仕事スタイルは、現代社会において、従業員の生活スタイルに合わず敬遠されています。
自分のペースで働き、正当な評価による対価を求め、家族との時間や友人との会話を尊重し、家事を分担、子育てにも積極的に参加する男性が当たり前の世の中になりつつあります。
それに伴い、従来当たり前とされてきた「通勤して決まった時間に会社で働く」という働き方だけではなく、「フレックスタイム」「テレワーク」などの働き方に注目が集まっています。

また通勤が困難(車椅子で移動、対人恐怖症など)だが、優秀な能力・技能を持っている人、外国人の採用など『人材の多様性』を組み合わせることによって企業に人材は多岐に渡ると共に社会にも貢献することができます。

『多様性』をいち早く取りれた企業には多くの可能性があります。

女性が働きやすい環境

今後、日本では高齢者社会となり労働人口の確保が急務と言われています。
その中で女性の採用を積極的に考えている企業はどれくらいあるのでしょうか?
日本における女性25〜45歳の労働人口は減少しており、Mカーブ化となっています。
「結婚」「出産」「子育て」の期間にあたり退職することによって起こっている現象です。
しかし、子育てをしながらでも働くことは可能です。
企業にその受け入れ態勢、制度がないだけなのです。
育児休暇制度を導入することで退職をするのではなく、復職という道を選択することができます。
また女性の幹部登用についても今後は積極的に取り組むことで企業が活性化できます。

従業員満足度の向上

特に新入社員の退職率が高いとお嘆きの経営者の方、なぜ若者は早々に退職してしまうのでしょうか?
新卒者入社3年後の退職率は、大卒32.4%、高卒39.6%、中卒64.8% です。(2011年卒業者-厚生労働省調べ)
3割以上の新卒者が3年で退職しては、人材育成費が無駄になる経営者にとっては頭が痛い大きな問題です。
退職理由は、1位:キャリアが望めない、2位:残業の長さ、3位:仕事のミスマッチ(2015年4月-Vorkers調べ)です。
働き方の多様性に大きく関わる課題でもあります。
今は高度経済成長期とは違うのです。昔の仕事の仕方は通用しません。
企業と従業員の価値観のベクトルを同じ方向に向けることで解決出来る課題なのです。

これら3つのキーワードを課題としてコンサルティングを提供させていただくのが弊社の使命です!

パンフレット1

お気軽にお問い合わせください! TEL 0572-74-5578 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • facebook

メディア

内閣府「カエル!ジャパン通信」Vol.84のコラムに掲載 近代中小企業

ビジネス雑誌『近代中小企業』に執筆!
近代中小企業

『未来企業』に掲載されました! アイミツで優良業者を一括見積もり・比較

支援サイト

女性の活躍・両立支援
女性の活躍推進企業データベース
女性の活躍 Positive Action
両立支援のひろば
イクメンプロジェクト
カエル!ジャパン
PAGETOP