育児休暇は女性だけが取得するものではありません。
企業の就業規則の記載にもよりますが、男性でも取得できる制度なのです。
ニュースでもたまに聞くことがありますが、男性の育児休暇の取得は圧倒的に少ないのが現状です。
一番の理由は、やはり仕事です。

 ・浦島太郎状態になることによる仕事への不安
 ・プロジェクトメンバーから外れてしまう
 ・昇進、昇給への影響

などが大きな理由のようです。
やはり、まだまだ長時間労働、残業ありきの働き方が阻害していると思われます。

男性の育児休暇取得も事前に復帰後の計画を明確にして企業との合意が必要です。
同時に「働き方の多様性」が整備されていないと、現代社会において、男性の育児休暇の取得は難しいと思われます。

近い将来、育児休暇は男性が取得することが当たり前の制度になっている時代が来ることでしょう。