「セクハラ」と指摘させる最初の基準は、その対象者の判断となる。
対象者が「セクハラ」だと感じれば、それは「セクハラ」であり、感じなければただの会話やジョークということなのだ。(ただ周りに他の人がいた場合は話がややこしくなる。)

Aさんにはジョークで通じたのに、Bさんには「セクハラだ!」って怒られた!
ということがありますが、これって結構難しいですよね。
そもそもそのような話は基本しなければ何も問題は起こらないのですが。。。

恐らく、人の好き嫌いによっても異なってくると思われます。
「あの人は何を言っても憎めないから」
「あの人には何を言われても腹が立つ」

「セクハラ」の境界線は人によって差があります、
これは経験値で確認していくしかないんでしょうか?
となるとその間、何回かは「セクハラだ!」と言われることになります。。。

セクハラに相当する言動はしない!ということが大前提なのですが、より正確に物事を伝えたい際にどうしてもセクハラまがいの言動になってしまいそうな場合・・・どうしたらいいのか?

言動の前に「セクハラじゃないからね!」と一言断ってから、という方法しかありませんね。。。

大前提はセクハラに相当する言動はしない!ということは決して忘れないでください!!