職人の世界だけでなく、サラリーマンの世界でも「先輩の技を盗んで勉強しろ!」と言われた時代がありました。
現代でも特に技術系の仕事だとまだまだありそうですね。
男性はそのあたりを感覚で読み取り、言葉に出さずとも会話、理解が成り立つところがあります。
しかし女性には持ち合わせている人は少ないと思われます。

問題を解決するにあたり、論理的に何が問題でどのような解決策が必要なのか?と考える男性的な思考と、
「そうだよね」と問題に共感してもらい、「頑張ってね!」と後押しさせることで問題は解決していなくも何とかなる、もしくは既に解決策を持っているという女性的な思考の差の問題なのでしょうか?

これから女性の社会進出が本格化していく中では、もう技を盗む的なやり方では通用しない。
また最近の若者(自分が歳を取ったみたいで嫌なのですが・・・)は性別に関わらず同様な傾向にあります。

きちんと口に出すところから始める必要がある。
その方が変に解釈して、間違った方向に行くこともなくなるので、思考に関係なく口に出すことがいいと思うのは私だけだろうか?