会社の利益を上げる為には様々な要素がありますが、一番直結することは「生産性の向上」でしょう。

その「生産性の向上」に不可欠なのが、「従業員が効率的に働けるか」です。
「従業員が効率的に働く」ためには、企業が整備された「労働環境」を提供する必要があります。
「労働環境」には、仕事に必要な機材や研修、福利厚生も含まれますが、一番は「従業員の満足度」を向上させることではないでしょか!?

「従業員満足度」の向上には、ダイバーシティ、ワークライフバランスが欠かせません!

つまり、「会社の利益」=「ダイバーシティ、ワークライフバランス」なのです。

「ダイバーシティ、ワークライフバランス」は、直接的に利益に直結しているわけではありませんが、その根本となる基本的な経営戦略の一つなのです。

今後、近い将来「少子高齢化社会における労働生産人口の減少」「要介護者の増加」「従業員の採用、定着」という多くの課題の対策としても「ダイバーシティ、ワークライフバランス」が一番適した対策と成り得るのです!!