昔は、残業で仕事をこなす事は当たり前と思われていました。

「残業=仕事ができる優秀な社員」

しかし現代では、残業は仕事の効率が悪い社員がするもので、ワーク・ライフ・バランスが崩れる原因とも言われるようになり、

「残業=仕事ができない社員=ワーク・ライフ・バランスに悪い影響=悪!?」

という公式が成り立っているような風潮ですが、本当に「残業=悪」なのでしょうか?
業界に関わらず、締め切り(納期)の変更や、顧客の要望による急な仕様変更、想定外の原因によるタイムロスなど、いくらリスク管理をしていても避けようがない事態から残業が必要になることはよくあることです。
その残業も「悪」と言うのであれば、例え納期が遅れようが残業をしてまで仕事をしなくてもいいと言うことになります。
しかしそれではビジネスは成り立ちません。
世の中に「必要悪」(本当に必要かどうかは別として)と言う言葉があるように、残業にも「本当に必要な残業」があってもおかしくありません。
また、いきなり「残業0時間」を目標として取り組み、すぐに達成できるようであれば本当は必要がなかった残業を企業が認めていたと言う解釈もできます。

「残業=0」にすることを目標にするのではなく、「残業をコントロールすること」を目標することで、残業と共存する施策を考えることで本当のワーク・ライフ・バランスが実現するのではないでしょうか?