いきなりは・・・無理です。。。

ある意味、(いい悪いは別として)残業ありきで成り立っている仕事もあるでしょう。
残業”0”を目指すのであれば、仕事への考え方、目標の立て方、仕事への取り組み方、成果主義の導入など今までの「仕事」自体を大きく変化させる必要があります。
しかし、いきなり全てを変えることにもいかないでしょうから、少しずつ変えていくことになると思います。
目標として残業0はいいことですが、いつも都合よく定時内に仕事が終わるとは限りません。
お客様からの要望や状況によっては残業が必要になる場合もあります。

今までは「長時間労働が当たり前」「残業ありきの仕事スタイル」「残業=正義、優秀」といった認識・価値観を180度変えた認識・価値観を持つことから始めることになります。
そこで柔軟に考え方を変えることができる施策が企業に求められる最初の高いハードルになるでしょう。