残業削減の指揮をトップである社長や役員が直接行なう企業がありますが、一般社員までの階層が多ければ多い組織ほど危険な行為です。
一見、会社の経営陣が現場に直接指示を下すことは効率的と思われがちですが、これでは間にいる管理職の仕事を奪っている(無視している)ことになります。
現場のことを一番理解している管理職を差し置いて経営のトップが指示をしても、的を得ていない意味不明な指示になるケースも少なくありません。
また一般社員から見れば「自分の上司は経営者から信頼されていない」「これから何かあれば直接経営者に報告すればいい」と思う社員も出てくることでしょう。
これではせっかく構築した組織が機能せず崩壊することに繋がり兼ねません。

管理職が経営陣の考えをきちんと理解しているか不安であるという声を聞くことがありますが、それは経営者の責任において、管理職に会社の方針を同じベクトルで正しく理解・納得させるべきことなのです。