「働き方改革」において、残業削減は大きな課題の一つではありますが、残業を削減することで、「働き方改革」が成功するというものではありません。
残業を削減する方策は比較的簡単にできますが、単に削減すればいいというものではなく、残業を削減することで見えてくる課題をクリアすることが本当の残業削減であり「働き方改革」と言えるでしょう。

 ・残業があることで仕事が成立しており、納期や品質が守られている職場
 ・必要な残業にて得た残業代を生活費の一部として家計が成り立っている社員
 ・残業している社員がいることで想定外の仕事に迅速に対応できる業界

業種・職種などは関係なく、残業があるからこそ!という労働環境において、いきなり残業無しという経営方針はどうなのでしょう?
将来的に残業が0時間になり、生活が充実したものに変化していくことはいいことですが、「いきなり」では正しい経営方針とは言えないのではないでしょうか?
経営者はまず「残業をコントロールする仕事の仕方と環境」を整えることを考えるべきです。
段階的に残業を削減していく行程にて、仕事の納期や品質に大きな影響を及ぼすことがないよう仕事の効率化を工夫したり、残業代が減少する代わりに手当制度や副業を認める制度を設けたり、会社にいなくても仕事ができる環境を整備したり、今まで既成概念の垣根を取っ払って柔軟な発想が求められます。
残業削減は目標でも目的ではなく、本当の課題をクリアするための通過点の一つなのです。