学生時代の早い時期から将来の仕事を決めていれば、関連ある学部に入り、日頃からそのことに向かって準備することができる。。。大学3、4年生になってから初めて「将来何をしようか?」と考え始める人に比べ、大きな差があるのは確かでしょう。
受かったのでとりあえずその会社に入ってみるという気持ちでは、早々に退職することも大して気にならないのかもしれない。

終身雇用を考えた社員採用、教育、配属は確かに効率よく手間が掛からない。
それが通用した時代は問題ないのだが、これから労働生産人口が減少していき、中途採用が多くなると考えると、逆に効率が悪い部分が多くなってくるのではないか?とも考えられる。

すでに一括採用を見直している企業もあるということは、従業員の確保の仕方も今までとは変わってくる。
これは業界によっても取り組み方が様々なので、「これが正解!」答えがない・・・企業が頭を悩ませるところである。

企業によってはアルバイトを教育し、将来社員として迎える準備をしているところもある。
これも企業の就活に対する取り組みの一つ。
時期が来たから新卒を募集するというやり方はもう古い。。。

career