終身雇用、年功序列という今までの日本の働き方を否定するわけではありません。
事実として、日本の高度経済成長期を支えてきた働き方です。ただし、家庭を顧みない残業、サービス残業など家庭や従業員のことを考えていた働き方とはいえなかったのではないでしょうか?

「うちは終身雇用・年功序列だから、若い頃は薄給が当たり前!10年もしたら基本給も上がってくるよ」という話を聞いたことがあります。
若い頃にの能力があって評価されても、給料が頭打ちになる年功序列に納得できずに会社を飛びたした人もいるでしょう。
成果主義にはそれは当てはまりません。年齢に関係なく、成果を出した人が評価されます。
うかうかしていれば、数年下の後輩に昇給・昇進とも抜かれることもあるでしょう。
年功序列より生産性の向上が高いのは明らかです。
従業員が切磋琢磨し、成長する速度も圧倒的に速いです。

相談内容に「営業や技術職は売り上げや、納期などで成果を評価できるけど、事務職はどうすればいいのですか?」というものがよくあります。
人事や総務部は成果主義の導入ができないので、不公平になるというのです。
本当にそうでしょうか?
事務職の顧客は従業員です。
例えば、従業員からの満足度を指数にすることで評価ができるのではないでしょうか?
仕事の正確さや、個人の酷評達成度なども評価対象になります。
ただし、営業や技術職に比べその評価は手間が掛かります。
もし、評価に手間が掛かるので成果主義の導入を見送るというのであれば、それは単に企業(経営者)の怠慢でしょう。