「ワークライフバランス」の話が出ると、よく毎日18:00には仕事を終えて・・・という事を聞きます。
確かに毎日、定時に仕事を終える事が出来るのは素晴らしい事ですが、定時に仕事を終える事だけがワークライフバランスの目的ではありません。

時間だけに目が行きがちですが、問題なのは仕事を終えてからどうするのか?なのです。

仕事を終えた後に、まっすぐ帰宅してTVを見ながら食事をして、風呂に入って、ネットをして
23:00には寝る。。。
これがワークライフバランスなのでしょうか?
単に8時間仕事をして、8時間生活して、8時間寝るだけの毎日で、バランスの取れているのは時間だけ。。。寂しい1日だと思いませんか?

仕事と生活に[CORE]と呼ばれる共通項があれば、その[CORE]に従ってやることが見えてきます。
それは単なる時間的なバランスではありません。
仕事で帰りが遅くなる日が続くかもしれません。睡眠時間が削られることがあるかもしれません。
ゆっくり食事を摂ることができない日もあるでしょう。
しかし[CORE]によってバランスが保たれていれば時間的な制約は問題ではないのです。
時間に惑わされずに、生活のバランスがとれた人生こそが「ワークライフバランスが取れている」ということなのです。