女性の本格的な社会進出、男性の育児、労働生産人口の減少、そして高齢化社会として避けては通れない介護、高度成長期のように長時間・・・しかも残業は当たり前の働き方では生活が成り立たなくなる。
共働きが普通となり、男女の格差が縮まってきている現代では、今までの長時間労働は不適切になる。

[仕事 > 生活]から[仕事 = 生活]に移行が始まっている。

今まで1日の仕事を1人でこなしていた働き方を複数人でこなすことにより、日中に時間が確保できる。
その時間を育児や介護などに充てることができる。
この働き方が日本全体で確率されれば、仕事はさらに細分化され、職種や立場によって給与体系が変わり、1日の中で異なる仕事を複数こなす時代が来るのではないだろうか?
これが未来の「働き方の多様性」なのだ。

しかし時短労働になることで収入が減少するという課題から新しい賃金体系、若者、主婦、高齢者など働ける時間帯が異なる人材の管理など考えなければならないことが多い。
そこをどう対応していくかが、企業の生き残りをかけた経営戦略となる!