時短労働の目的の一つは、日中に仕事をしながら育児や介護の時間を捻出すること。
つまり「仕事と生活の両立」です。
「仕事と生活の両立」と言えば、ワークライフバランスを思いえがく人が多いかと思いますが、ワークライフバランスとは1点異なることがあります。

ワークライフバランスの「仕事と生活の両立」は、1日の限られた時間内での両立ではなく、1週間、一ヶ月などのスパンでの時間だけでなく、精神的な満足度を重視したバランスです。個人の生活スタイルによって異なります。

しかし時短労働のおける「仕事と生活の両立」は1日の中で仕事と生活の時間を作ることが大きな目的となっているため、すぐに精神的な満足も確立するというのは難しいかもしれません。
しかし将来的に、時短勤務だけではなく、家族の協力などとの組み合わせで精神的な満足も得られることができればと思います。

時短勤務は、働ける時間帯によって人材を確保と管理、賃金、製品品質の維持などまだまだ課題もありますが、日本の未来を左右する働き方の一つなのです。