近い将来・・・「労働生産人口の減少化」「少子高齢化社会」「要介護者の増加」そして「ロボットやコンピュータにとって変わられる仕事」により、今までの『長時間労働』というスタイルでは成り立たなくなると言われています。
様々な対策が打たれる中で「時短労働」は避けられないでしょう。
労働時間が減少することにより、賃金はどうなるのか?という大きな課題もあります。

そして、副業を推進する動きもあります。
日本の多くの企業では基本的に副業禁止というところが多いですが、将来的な時短労働を考えた時に「副業」は大きな意味を持つことになるのではないでしょうか?

それぞれの業界・職種において「時短労働」がもたらす未来について真剣に考え、企業としての方針・施策を始めておく時期に差し掛かっていると思います。