欧米に比べ、日本はなぜ人材流動化が進まないのだろうか?
終身雇用の名残もあるのかもしれないが、人材は社内で育成し昇進させるというスタイルを重要視しているのだろうか?
確かにその方が従業員のモチベーションは向上するだろうが、企業として人材が育つまで待つ余裕があればいいのだが。。。

また日本では、転職が「キャリアアップ」という認識が薄いことで、転職回数が採用時にマイナス評価と
されるケースもあること。(キャリアップのために転職したい人材と、わがままや飽き性で仕事が長続きしない人材が同レベルで扱われる!?)

市場には十分な経験・実績を持つ人材が溢れている。
今後、某電機メーカーからも多くの人材が放出されると思われる。
ここで問題になるのは、(特に大企業からの人材が)前職の実績やプライドが邪魔をして、前職と同様な報酬を求めてしまうことで条件が折り合わず雇用に繋がらないこと。

転職を一つの「働き方の多様性」として捉え、企業も人材も現実を直視し、柔軟に考える姿勢が必要だろう。
そうすれば転職に年齢制限は関係なく、人材の流動化を推進することができる!

35