日本の企業は基本的に、労働時間が給与の基本担っているケースが多いと思います。
長期労働で仕事をして、真面目に働いていれば役職がついてくる年功序列で、終身雇用が約束されていた時代では最高の働き方だったでしょう。
しかしその評価は、その企業内にしか通用しない成果ということになるでしょう。

このような考え方では、すぐに成果主義を取り入れるのはなかなか難しいです。
成果主義は先輩・後輩、女性・男性、上司・部下は関係ありません。
会社に多くの利益をもたらす仕事をした人は、給与が上がり出世もします。
また経費を使わないほうがいいので、残業をせずに結果が出れば更に有利です!
弱肉強食の世界です。

もしかしたら、日本人には成果主義は合っていないのかもしれません。

しかし、これからグローバルで仕事を問われる時代になってくると、外国人の従業員も増えてきますので、そうも言っていられないのも事実です。
まずは日本人自身の働き方に対する考え方を変えていくことが必要なのです!!