就業規則は従業員が会社で働きやすくするものであり、単なる「ルールブック」ではありません。
本来は従業員を守るためのものだったはずですが、ブラック企業という言葉が生まれてからは企業を守るための就業規則となっているケースが多々あります。

企業を守るための就業規則では、従業員満足度の向上は望めません。

「働き方改革」を始めるには、まず「就業規則」を見直すことが必須となりますが、企業によってはきちんと整備された「就業規則」を持ち合わせていないケースが多々あります。

働き方改革が本格的に始まる前に、現代社会の働き方を意識した従業員にも企業にも意義のある「就業規則」を創りませんか?