「女性活躍推進法」が施行されたから、女性の幹部を増やそうという考え方では、女性幹部を増やすことはできないのです!
幹部、役員としての資質があり、その職務を任せるに値した実績を持ち、企業の未来に必要な人材であれば、その人を採用や昇進すればいいだけのことなのですが・・・それがなかなか進みません。

なぜでしょうか?

男性は、仕事の内容がグレーで、本当に自分が必要な仕事でなくても、給与が安くても、プライドやステイタスのために仕事ができる人が多いと言われています。

女性は、その逆です。
仕事の内容が明確であり、自分が必要とされており、キチンとした対価を求め、特にステイタスのために仕事をするのではないという考え方です。

特に日本企業においては、役職がついても給与はあまり変わらず、責任だけが重くなってくる傾向がありますので、このままでは日本企業の女性幹部の割合は大して変わらないでしょう。

それに比べ外資系企業には女性幹部が多いですね。
なぜ外資系には女性幹部が多いのか?
その違いがどこにあるのか?
を明確にして修正しないと、女性幹部を増やすことは難しいでしょう。