外国人が日本で働く上で「日本語」は大きな壁だろう。
ひらがな、カタカナ、漢字が混在し、和製英語や方言などを考えると大変だ。
また流暢な日本語を話せるようになるのは日本の習慣や文化が必要になってくる場面もあるだろう。
日本語学校に通い、日本の習慣を覚え現場で経験が伴えば、外国人は日本人以上にいい従業員になるのかもしれない。
最初は新人アナウンサーのように肩に力が入った表情と口調だが、次第に自然な日本語で話しかけられると違和感がなくなりやり取りに不自由を感じなくなる。
最近コンビニでは外国人が多いが、日本人よりも丁寧な日本語で話しかけられると嬉しかったりする。

「人材の多様性」には、女性や一旦リタイヤされたベテランだけではなく、外国人を含まれる。

日本の企業でも外国人の管理職が増えてきてもおかしくない時代がやってくる。
経営者は「働き方の多様性」と共に「人材の多様性」には外国人労働者が不可欠な存在であり、これからの日本の労働力を担っていくことをきちんと理解する必要がある。

Gainjin-3