産休・育休制度には、事前に復帰プログラムを整備しておくことが重要であるとお話ししました。
実はもう一つ重要なことがあります。
それは、同性(女性)社員の理解です。

一人の女性社員が産休・育休で特に長期休暇に入る場合、臨時で人を雇うケースもありますが、そうでない場合、同じ職場の女性社員にそのしわ寄せが行くケースが多いのです。
未婚の女性、妊娠していない女性から見ると、それが特別扱いに写り、不公平感が増しストレスになります。
こうなってしまうと従業員の満足度は落ち、業務が正常に行うことができなくなってしまい、生産性が落ちてしまいます。
とある有名企業で起きた◯◯◯ショックもこの一例です。

こうならないためにも、同時に「働き方の多様性」を用いて働き方のルールを変える必要があるのです。