「働き方改革」を推進する上で、他の仕組みやルールの変更が必要になる事は多々あります。
つまり「働き方改革」は、単に働き方を見直すだけではではなく関連する様々な要因をも同時に見直す必要があるという事です。

例えば、ダイバーシティ(多様性)を取り入れるにあたり「フレックスタイム」や「在宅勤務」という制度を導入するのであれば、人事制度(就業規則/手当/残業など)を見直すことが必要になります。
これは、『働き方改革 X 人事制度』という2つの要因を合わせて見直すことになります。
今まで多くの組み合わせの「働き方改革」をお手伝いをさせていただきました。

『働き方改革 X 人事制度』
『働き方改革 x IT』
『働き方改革 x 人材育成』
『働き方改革 x 事業拡大』
『働き方改革 X 新会社(新部門)設立』

これは企業の数だけ存在しますが、これから最も重要となってくるのは、

『働き方改革 x IT』

でしょう。
AIが注目されつつあるなら、ITは「働き方改革」にはなくてはならない存在です。
ITをどのように活用するかは、企業の課題により異なりますが、「働き方改革」と同時にITを見直すことで多くの見直しができます。
一度、「働き方改革」と共にITの改革について考えてみてはいかがですか?