『働き方改革』として、企業によって様々な取り組みを施行されている中で、その取り組みの先には何があるかを考えたことがありますか?

残業を削減するために、仕事の効率化・フレックスタイムの導入などで残業を削減した結果、何を得ることができましたか?
従業員は自由に使える時間ができ、企業としては残業に関わる経費を削減しより多くの仕事を手掛けることができるようになりました!・・・で終わりではありません。

従業員の中には、早く退社することができて喜んでいる人ばかりではありません。
残業代を家計の一部としてあてにしている社員もいるでしょうし、早く退社してもやりたいことがない社員もいます。
このような従業員に対して企業としてどこまでフォローすることができるか?によって社員のモチベーションも大きく変わります。
従業員満足度の向上は、定着率に直結する大きな要因です。
表面的な「働き方改革」は返って逆効果ということにもあることがあります。
本当の「働き方改革」は改革後の先にある「課題」を解決することかもしれません。