『働き方改革』は「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」(通称:働き方改革関連法案)の3つの柱から構成される日本の労働者における労働法の改正を行うためのものです。

戦後の混乱から日本を復興・発展してきた今まで続いてきた「働き方」が、現在社会の働き方に対して多くの課題が明らかになり日本の労働力不足という課題も相まって、「働くことの価値観」「気持ちよく働ける環境」から生産性が高くなる「新しい働き方」を推進しようという考え方です。

メディアでは「時間外労働の規制」「有給休暇の消化」「高度プロフェッショナル制度」「同一労働同一賃金」といった施策が報道されていますが、これらを企業に取り入れるだけでは意味がある変化は期待できません。

これらの施策を自社で効果を持たせるためには、今まで企業に根付いていた「慣習」「文化」と言った歴史を見直する必要があるケース、企業方針を根本的に考え直す必要があるケースもあります。

単に残業を規制して削減しただけで残業が無くなった!という企業は「働き方改革」が成功したのではなく、今まで必要がない残業を認めていたいうことが明らかになり、経営者の管理に問題があったことが明らかになっただけです。

単に行政から指導があったので「働き方改革」に取り組んでみるというスタンスではなく、企業を変える!という考え方で取り組まないと「働き方改革」は意味を持ちません。
「働き方改革」を本気で取り組むか否かによって、企業の将来が決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。