とても悲惨な予測です。
仕事と働き手のミスマッチが深刻化して、悲観的に見ても楽観的に見ても、労働問題は大きな問題を抱えたまま解決しないということです。
何も講じなければ、状況は現在より悪化する一方なのです。
この記事の最後には、

「ミスマッチの解消には企業が多様な働き方を認めること、全国規模でミドル人材が移動できる労働市場を整備すること、ミドル層のキャリア形成を支援することが必要」

と締めくくっています。
最初に出てくる「企業が多様な働き方を認めること」とあるように、まだまだ多くの企業では「働き方の多様性」を導入していないということです。

「働き方の多様性」は、単に企業を成長させるだけではなく、近い未来の日本における労働問題を解決できる手段の一つなのです。
業界や職種によって方法が異なるでしょうが、自社に置いて「働き方の多様性」をどのように実現できるかを真剣に考えなかればならない時期に来ているのではないでしょうか?

IMG_5737