「働き方の多様性」とは、高度経済成長期時代に確立された残業ありきの長時間労働ではなく、家庭、個人の事情に合わせた様々な働き方を指します。
つまり、残業は無いものとして考えることが基本になってきています。

「残業=正義、仕事ができる人」はもう過去の話です。
「残業=悪、仕事が遅い人、できない人」が現代の考え方です。

残業代が無いと生活が苦しいという人がいます。
それは残業代を見込んだ生活設計をしているからでは無いでしょうか?

どうしても正規(残業代抜き)の給与だけでは・・・という人は、仕事を変えるなどの方法を考えてもいいのですが、日本人には終身雇用という呪縛が残っているせいか「転職=恥ずかしい、敗者、悪」といったイメージがあるようで、仕事を変えることを真っ先に除外してしまいます。

残業ありきの長時間労働
終身雇用

といった過去の労働形態に縛られず、自分の生活スタイルにあった働き方を見直すことが働き方の多様性なのです!