ワークライフバランスは、単に「水曜日はノー残業デーです」と直接的に残業を削減することを目指していません。

『働き方の多様化』を考えてその施策の結果、直接的に残業の削減を意識することなく、残業を減らすことになった!というのがWLBとして正しい残業の削減です。

また長期育児休暇制度も単に就業規則に加えればいいというものではありません。

育児休暇から復職する際にどのようなプロセスでそれくらいの期間を設けて現役復帰できるのか?休暇前と同じ部署に復職できるのか?

をきちんと見える化して計画したものがなければ、怖くて長期育児休暇制度を利用できませんよね?

本日(8/20)の日経新聞朝刊(1面、3面)に、ワークライフバランスについて記事が掲載されています。

記事をご覧になって質問などあれば弊社にお問い合わせください!!

IMG_4542 のコピー