一口に「顧客満足度の向上」と言っても、何に満足するのかによって意味が変わります。

例えば、店舗の場合、

・商品に満足する人
・ディスカウントに満足する人
・ポイントに満足する人
・定員の対応に満足する人
・店舗の営業時間に満足する人

など、人それぞれでしょう。
全ての人に満足してもらうというのには無理があります。
そのお店の特徴、売りにしているポイントにフォーカスした「満足」を向上させる手段を特化させることによって、ターゲットを絞った「満足度」を向上させることが大事です。

全てのお客様に満足していただくことに一生懸命になり、あれもこれもとなってしまい、ピントがずれた状態では、逆に何がいいお店なのか変わらないお店になってしまいます。
それでは「ファン」も作れないでしょう。

顧客ターゲットを絞って、満足度を追及することが大事です!