仕事の充実とは、何で計ればいいのでしょうか?
自分自身が「仕事の達成感」を得られたと感じたのであれば、それは単に「自己評価」「自己満足」の世界?

しかし「達成感を得た」というのは何を持って「得た」のでしょうか?

期日を守って仕事をやり遂げた!というのはどうでしょう?
 ・「期日を守る」のは当たり前のことですよね。。。
 ・「やり遂げた」というのも。。。
これだけでは単なる自己満足であり、充実とは言えないように思えます。

やはりそこに第三者の評価、お客様からのお礼の言葉、笑顔などの要素が加わり始めて充実感を得るのではないでしょうか?

いくら精一杯仕事をやって結果が出ても、それがあまり必要とされていないことで周りから何の反応も評価もない・・・となると充実した仕事をしたいう実感は出てこないと思います。

しかし、世の中には喜ばれてはいないが(当たり前の事過ぎて、)必要な仕事というものもあります。
このような場合は企業(上司)がきちんと評価することで充実感を得ることができます。

やはり自分の自己満足だけではなく、周りの人から認められるということが仕事の達成感につながり、仕事への意欲につながるんですね!