働き方の多様性(ダイバーシティ)は、従業員の視点から考えれば、これから介護・育児をサポートすることが必要なための働き方になるでしょう。また通勤が困難な従業員のための在宅勤務など会社に通勤に縛られない働き方です。

企業の視点からは、まずファシリティ経費の節約、従業員の交通費節約することができる在宅勤務といったところでしょうか。

従業員と企業では、働き方の多様性を利用する目的が異なります。
双方が有効的に利用出来る仕組みでないと、アンバランスな仕組みになってしまい、うまく機能しない、利用しづらい制度となってしまう可能性を秘めています。

そんなことにならないようその企業と従業員双方にあったバランスの取れた仕組みにすることが求められます。