今までの介護は、会社に無理言って早退させてもらったり、休暇を取ったりと「まず仕事があって介護がある」という順番であった。

しかしこれから要介護者が増えてくる時代を迎えようとしている現代においては、「介護ありきの仕事」という働き方の選択肢が必要になってくるのではないだろうか?
そもそも労働生産人口が減少しているため、介護のために仕事ができないとなってしまうと働き手が更に足りなくなってしまう。

個人にとっても企業にとっても不利益な状況になってしまうだけである。
であれば、企業が「介護に合わせた働き方」の選択肢を用意することで、従業員の確保・定着に対応することができ、個人も介護と仕事の両立ができるのだ!

企業としては介護を見越した社員にそのような体制を提供できるかが大きな課題ではないだろうか?
施策を早々に打ち出してアピールできる企業は優位に立てるだろう!