高齢化社会が進んでいく要介護者が増加することは明らかである。
今でさえ、施設の数やサービスの品質問題が山積みであり、これからは自宅での家族での介護が余儀なく必要となってくる。
そうなると介護のために常に誰かが自宅にいなければならない状況になってくる。
しかし仕事もしなければならないし・・・という場合に考えられるのが「働き方の多様性」である。

テレワーク:自宅でネット経由で業務に当たる。
時短労働 :限られた時間帯のみ仕事をする。
副業   :自宅で副業をする。

従来の長時間労働、会社だけではなく、時間も場所も柔軟に対応した働き方で自宅介護を支援する制度が必要な時代に突入したのだ!

まずは会社の業務をどのように対応させる事が出来るのかをデザインし直したなど、課題はたくさんあるが、これから従業員の採用・確保のためにもいい条件になってくるのではないだろうか?