「働き方の多様性」にて、従業員に様々な働き方の選択肢を提供できるということは、人材の採用にておいても有効な武器です。

新卒者や中途の採用において、決められた時間内の通勤勤務しかない場合と、その人の事情にあった働き方が選べるというのは雲泥の差がありますよね!

これから高齢化社会をむかえると、家族に要介護者がいる人も増えてきます。

例えば、週に何回かは介護のために在宅勤務を希望する優秀な技術者は、どちらを選択するでしょうか?

例えば、体が不自由で車椅子を利用されているため、朝の通勤が困難なプログラマーはどう考えるでしょうか?

働く側が働き方を選ぶ時代がやってこようとしています。
大企業とか、有名企業とか、HPがかっこいい企業とかではなく、従業員となる人に生活スタイルにあった労働環境を提供できる企業が選ばれていく時代がやってきます。