「人材の定着率」は企業の利益にも関係してきます。
特に優秀な人材を如何に定着させるかはどの企業でも重要な課題ではないでしょうか!?

優秀な人材を定着させたければ、ワークライフバランスの導入をお勧めします。
その中でも注目するのは、

 ・生活スタイルの承認
 ・公平な人事評価
 ・充実した仕事

でしょう。
これらの項目にて「働き方の多様性」「成果主義による評価」「部下を信用する」という方法にて、構築していくことになります。
もしかすると今までそのような方法を導入したことがないという企業もあるかと思います。
しかし将来、生産労働人口の減少が現実味を帯びてきた時に慌てて導入しても、既に時遅し・・・という状態になってしまうでしょう!
今こそ、ワークライフバランス導入の検討を進めるべきです!