働き方の多様性ではなく、人材の多様性も見直されつつあります。
昔ですと「適材適所」と言っていた言葉に近いのですが、同じではありません。

正社員の男性社員(日本人)だけでなく、

・女性の活躍を推進
・リタイヤした人の再雇用
・外国人の雇用

様々な人材を有効活用することが「人材の多様性」なのです!

これから本格的な少子高齢化社会をむかえることになります。
労働生産人口が落ち込んでいく日本においては非常に重要な課題です。

女性社員は結婚・出産を機に退職し、子育てに専念するといった考え方のツケが回ってきたという考え方もあり、日本は女性の労働力を軽視してきた節があります。
リタイヤしたが、孫におもちゃを買ってあげたい、お小遣いを稼ぎたいという方にも働く場はたくさんあります。
日本に来て一所懸命働いている外国人にもっと活躍できる場を提供する。

「働き方の多様性」と組み合わせて考えることによって可能性は大きく広がるのです。