日本の企業において上司と部下のコミュニケーションが不足していることによって、企業の信念や目標が不明確となり企業や従業員の成長を阻んでいることが良くあります。
特に中小企業は経営陣までの階層が少なく、風通しがいいと思われがちですが本当にそうでしょうか?

上司に意見することで睨まれてしまうと後が無い、聞いても腑に落ちる答えが返ってこないので期待していないなど中小企業であっても上司と部下のコミュニケーションがうまくいっているとは言えない現状があります。

「コミュニケーション」=「飲みニケーション」という方はいまでもいますが、決して間違いではないのですが今の時代に通用する方法ではないことを理解して、業務時間内に素面できちんとコミュニケーションを取る方法を実践しましょう。

まずは上司がその機会を作り、それが習慣となり部下の方からコミュニケーションを取るようになるのが理想的です。

あなたは上司としてどのような機会を設けますか?