1日を8時間ずつ「仕事」「生活」「睡眠」に分けてその通りにすればワークライフバランスを保った理想的な1日を送ることになるのでしょうか?

答えは「No」です。
問題はそれぞれが充実した内容になっているか?ということです。

会社に行って、だらだらと仕事をしていても仕事の充実感はありません!

定時に仕事を終えて帰宅しても夕食をとって、なんとなくTVを見て、催促されてお風呂に入って寝る・・・というのはリラックスできているように見えますが、本当にそれでいいのですか?

時間的なバランスは変わっても充実した時間を送れることによって精神的に充実し、満足した1日を送れることにつながります。
その日は仕事が押してしまい、帰宅できたのが21時でも、2時間趣味に没頭することができ、お風呂で疲れを癒し眠りにつくことができる。という1日はワークライフバランスが取れていないと言えますか?
これからの時代、労働生産人口が減少し、多くの仕事がロボットやコンピュータに任され、人が介入する仕事が減少していき労働環境が変化していくでしょう。
その中で如何に満足・充実した時間を過ごせるか?に注視した精神的なバランスこそが本当のワークライフバランスではないでしょうか?