会社から言われたことだけをやっていては、成果主義にて結果を残すことはできません。
自分で考え、行動し、結果を出すことが求められます。

ボランティア活動は、その行動を身につけるには、いい環境ではないかと思います。

例えば、被災地での援助活動。
活動するエリア、やることを予め指示されることが多いですが、もしそれ以外のことが発生した際にはどう対処すべきか、まず自分で考えることが求められます。
すぐに責任者に連絡することなのか、まずは応急処置が必要なのか!?

例えば、献血活動。
習慣化することで継続した活動が継続して役に立ちます。
献血をするにはきちんと体調管理ができていないといけません。
2日酔いや風邪をひいていては献血できません。
自分の体調管理にも使えますので、生活を見直す材料になります。
ボランティア活動は、一回こっきりではなく継続して活動することにより意味を持ちます。

無理をする必要はありません。

他の人がやっているから自分もやるわけではありません。
あなたがやりたい、あなたにあったボランティア活動を見つけてみませんか?