ビジネスには目的(Purpose)があり、それを達成するために目標(Goal)があります。
そしてもう一つ大事なものがあります。

それは、ビジョンです。

展望、未来像、見通しと言われるもので、将来どのような企業になりたいのかという想いです。
このビジョンを明確に宣言していない企業があります。
ビジネスとして売り上げ目標を掲げたりする数値目標を目指していくことだけでは、一流企業としての成長、責任が伴わず、社会の一員として認められる立場には成り得ないでしょう。

ビジョンは、日頃から経営者が従業員に語り続け、自らもその想いを忘れないようにしていかなければ意味がありません。
また企業の広報が、社会に対してわかりやすくPRしていくことも大切です。

私が以前勤めていた企業のビジョンは、

「The Network Is The Computer」

まだ日本にインターネットなんてものが存在していない時代でした。
今はインターネットは当たり前の時代になり、インターネットがなければ社会が成立しないところまで来ています。

ビジョンについて真剣に考え、宣言することによって、あなたのビジネスに有意義な影響を与えるものが出てくるかもしれません!?
また経営者、従業員が同じ志し、夢を持って同じベクトルにいることができるようになります。

あなたがいる企業の「ビジョン」を言えますか?