厚生労働省主催の「テレワークセミナー」に参加しました。
テレワークとは、オフィスではない場所、自宅や外出先などで仕事をすることです。
私はサラリーマン時代に約7年間の在宅勤務を経験しましたが、私の性格には合っていたようで、すぐに馴染んで普通に仕事をすることができました。

しかし本来日本人は上司が部下を監督(目の届くところ)しながらしないと落ち着かないようで、本当に自宅で仕事をしているのかが心配で監視カメラを設置するようなケースもあるとのことでビックリしました。

なぜ部下を信用しないのか?いや、できないのか?
それとも評価しづらい在宅勤務者を評価するための材料を探しているのか?

在宅だと、勧誘や宅配便が来たり、家族がいれば会話もあるでしょう、小さいお子さんは関係なく遊んで!とやってくるところなど個人情報につながるような場面を撮影されて大丈夫なのかと却って心配です。

私の経験上では、成果主義に基づいたきちんとした目標設定と評価システムを準備しておけば、あとは本人次第です。モチベーションの維持、時間の管理、自分を制御することで在宅勤務は成り立ちます。上司が監視することはその中にはないのですが。。。少しずつ慣れていってもらうのが一番です!

IMG_6301