働き方の多様性(ダイバーシティ)は、生産性を向上させ、企業の利益につながります。

従業員が自分の生活スタイルにあった働き方で仕事をすることにより、仕事へのモチベーションが向上することが一番大きな理由です。
会社から指示された仕事の仕方ではないので、その働き方を選んだという責任感が出てきます。
自ら「どうしたらいいのか?」を考えるようになります。

そして会社側として、普通の働き方と異なる部分(例えば労働時間)によって、どのような評価が行われるか?つまり、(例えば)1日7.5時間働いたので給与がいくらではなく、成果主義の基づいた正当な評価システムによって行われることを事前に説明し双方理解の元で働くという環境を整備することが必要です。

・目標を立て、何%達成することができたか?
・目標ではなかったが、会社に利益をもたらす結果につながったこと。

など、単に毎日自分の机に向かっていることを評価するのではないのです。
同時に年功序列というシステムを排除することにより、更に生産性が向上します。