一見、関係ないように思える「ダイバーシティ」と「福利厚生」。
でも大きな共通点があるのです。

それは・・・『多様性』です!!

ダイバーシティは「働き方の多様性」です。
毎日決められた時間と場所で働くだけではなく、従業員の生活を考慮した働き方や、効率が良い働き方を優先することで様々な働き方があります。

「福利厚生の多様性」とは何でしょうか?

福利厚生には「法廷福利厚生」と「法定外福利厚生」に分けられます。
法廷福利厚生の代表といえば社会保険です。健康保険、年金保険、雇用保険などですね。
法廷外福利厚生は企業が独自の福利厚生を施行することができます。

そう!この法定外福利厚生に多様性を求めることで、現代社会にあった、従業員が必要とする福利厚生を提供することができるのです。
「誕生日休暇」「バーゲン休暇」などを実施している企業もあります。
このような不切構成の取り組みが、従業員の満足度を向上させることに繋がり、従業員の確保のに貢献する可能性があるのです!!