シングルマザーは、一人で子育てと仕事を両立することになるので、時間的な制約がとてもシビアになります。
よって、正社員ではなくパートタイムやアルバイトといった雇用形態が増えてしまう。
これは正社員とは一人で定時勤務(例えば、9:00-17:30)が当たり前とされているからに他ならないでしょうか。
仕事によっては、そこにこだわる必要ない職種もあるでしょう。
「働き方の多様性」を取り入れることによって雇用形態を増やし、女性社員採用の間口を広げることができるます。

・正社員一人分の業務を複数人で担当する。
・在宅勤務
・通勤勤務と在宅勤務の組み合わせ
・フレックスタイム

男性には無い、きめ細かく隅々まで目が行き届く仕事が製品の品質向上に貢献できるでしょう。
「働き方の多様性」はこれから労働人口が減少していく日本社会の救世主になるのではないでしょうか!?

IMG_6082