最近の若者は「さとり世代」と言われています。
淡白で高望みはしない。生活も仕事もコストパフォーマンス重視・・・という考え方と、管理職であろう40代以上の世代とは考え方が異なって当然でしょう。
以前は「ゆとり世代」という世代もありましたね。
昔のような「先輩の仕事を盗め!」というやり方では仕事を覚えないどころか、退職してしまいます。
(もちろん全ての若者がそうゆうわけではありませんが)
世代によって(というよりも個人によって)、どのような指導が良いのかを考える必要があります。
少々面倒なことかもしれませんが、企業としてはそれが本来の『指導』ではないでしょうか?

IMG_4628