「働き方改革」のご相談をいただく中で、企業にとって都合のいい「働き方」に変えることを改革と考えていらっしゃいます。
しかし、これは間違いです。
「働き方改革」とは企業の都合ではなく、従業員がその能力を最大限に発揮できる労働環境を提供するための改革なのです。

従業員の生活スタイル(介護、通院、幼稚園の送り迎え、通勤時間など)を考慮し、ダイバーシティ、ワークライフバランを取り入れることによって、従業員満足度が向上し、それが生産性向上となり、顧客満足度に貢献することで売上に繋がるのです。

これから生産労働人口が減少する中で、従業員にフォーカスしない企業はその未来が見えています。